- 未分類

トイレに流しちゃいけないもの

流せると表記されているものでも流れないものもあります。例えば、お掃除シートがその代表例。かなりの頻度で流れない場合があります。これもティッシュと同様で、大量に流すとかではなく、流さない方がいいでしょう。お掃除ブラシの先端が流せるタイプのものもつまることがあります。それも流すことでつまりになる場合があるので要注意です。流せると言いながらやはり紙類はつまりやすいのです。

おもちゃそして、トイレでの持ち込みをしているとついつい落として流れてしまうことがあります。お子さんのおもちゃ、ボールペン、ボトルのキャップなど。トイレの周りにもいろいろなおもちゃなどを飾っていたりする人もいるかもしれませんが、それが落ちて、ながれない場合もあるのです。トイレの周りには物は何も置かないようにしましょう。

節水するのに、トイレのタンクの中に重石を入れたり、ペットボトルに水を入れて重石代わりにする人もいます。トイレには決まった流水量があり、流水量を減らすことで流れにくくなりつまりの原因になります。よかれと思ってやっていることですが、つまりの原因になっているのです。もし節水がしたい場合は、エコタイプの便器がありますので、そちらの購入をお勧めします。

単純に考えると、流さないものは流さないというのが鉄則です。それさえ気を付ければ、トイレのつまり予防になります。

Pocket

- 未分類

トイレのつまりの原因の一番

トイレットペーパートイレのつまりの一番の原因はトイレットペーパーとティッシュです。トイレは大量のものを流すようにできていません。トイレットペーパーのようにトイレのための溶けやすくできている紙でも大量に流すことで流れにくくなります。ティッシュペーパーも同じような紙ですが、水には溶けにくい構造になっているので、水に流すとつまります。少しだけ…と思っても、つまることが多いのはティッシュペーパーです。そこは徹底して、1枚でもティッシュペーパーは流さないようにしましょう。

また、猫砂や赤ちゃんのおむつからの汚物を流す際におむつを落としてつまらせるという人もいました。猫砂は水分を吸うと膨張しますので、流れにくくなります。おむつも同様で、もし、落として中身が出てきてしまった場合は、面倒くさくても取り出す作業が必要です。

トイレのつまりは、トイレの劣化が原因の場合もあります。その場合は、トイレの交換が必要になります。トイレの寿命は50年と長くなかなか壊れませんが、使い方によっては、中で破損することもあり、その破片がつまり、トイレの故障の原因にもなります。陶器でできている便器ですからなかなか破損しないように思いますが、何かの拍子で壊れることもありますので、注意が必要です。

他にもトイレには流してはいけないものがありますので紹介していきます。

Pocket

- 未分類

トイレのつまりから見る予防

トイレがつまると大変です。ラバーカップでやって解消すればなんとかなりますが、そうじゃなく、排水業者まで呼ばないといけないくらいなってしまうと、トイレが使えなくなってしまいます。

トイレトイレは一日に何度も入るところです。そこで排泄をし、新しい水が入ってきて、家族全員が必ず使うものです。1日3回入るとして、家族4人がいたら12回。1回の時間が3分としたら36分もトイレは使用されていることになります。

そのトイレの時間に誤ったものを流したり、トイレの使いかたによってトイレが破損し、トイレのつまりになってしまえば、それだけの時間、トイレが使用できなくなってしまいます。もしかすると、トイレの中で勉強する、本を読む、たばこを吸うなど安らぎの空間にしているかもしれません。そうなると、トイレができなくなってしまうことで、自分の時間もなくなってします。

それはまずい!トイレのつまりはつまってから解消することもできますが、自分での解決が難しければ、排水業者をお願いしないといけません。そうするとお金もかかりますし、何より業者が来る時間までトイレが使えません。

そうならないために、「予防」が必要です。できればトイレのつまりの原因を知っておき、予防するのがいいです。しかもそんなにたいしたことでなく、ちょっとしたことだったりするので、普段から気にしておけばいい程度のこともあります。その原因をいくつかあげ、予防してみたいと思います。

Pocket