- 未分類

トイレのつまりから見る予防

トイレがつまると大変です。ラバーカップでやって解消すればなんとかなりますが、そうじゃなく、排水業者まで呼ばないといけないくらいなってしまうと、トイレが使えなくなってしまいます。

トイレトイレは一日に何度も入るところです。そこで排泄をし、新しい水が入ってきて、家族全員が必ず使うものです。1日3回入るとして、家族4人がいたら12回。1回の時間が3分としたら36分もトイレは使用されていることになります。

そのトイレの時間に誤ったものを流したり、トイレの使いかたによってトイレが破損し、トイレのつまりになってしまえば、それだけの時間、トイレが使用できなくなってしまいます。もしかすると、トイレの中で勉強する、本を読む、たばこを吸うなど安らぎの空間にしているかもしれません。そうなると、トイレができなくなってしまうことで、自分の時間もなくなってします。

それはまずい!トイレのつまりはつまってから解消することもできますが、自分での解決が難しければ、排水業者をお願いしないといけません。そうするとお金もかかりますし、何より業者が来る時間までトイレが使えません。

そうならないために、「予防」が必要です。できればトイレのつまりの原因を知っておき、予防するのがいいです。しかもそんなにたいしたことでなく、ちょっとしたことだったりするので、普段から気にしておけばいい程度のこともあります。その原因をいくつかあげ、予防してみたいと思います。

Pocket