- 未分類

トイレに流しちゃいけないもの

流せると表記されているものでも流れないものもあります。例えば、お掃除シートがその代表例。かなりの頻度で流れない場合があります。これもティッシュと同様で、大量に流すとかではなく、流さない方がいいでしょう。お掃除ブラシの先端が流せるタイプのものもつまることがあります。それも流すことでつまりになる場合があるので要注意です。流せると言いながらやはり紙類はつまりやすいのです。

おもちゃそして、トイレでの持ち込みをしているとついつい落として流れてしまうことがあります。お子さんのおもちゃ、ボールペン、ボトルのキャップなど。トイレの周りにもいろいろなおもちゃなどを飾っていたりする人もいるかもしれませんが、それが落ちて、ながれない場合もあるのです。トイレの周りには物は何も置かないようにしましょう。

節水するのに、トイレのタンクの中に重石を入れたり、ペットボトルに水を入れて重石代わりにする人もいます。トイレには決まった流水量があり、流水量を減らすことで流れにくくなりつまりの原因になります。よかれと思ってやっていることですが、つまりの原因になっているのです。もし節水がしたい場合は、エコタイプの便器がありますので、そちらの購入をお勧めします。

単純に考えると、流さないものは流さないというのが鉄則です。それさえ気を付ければ、トイレのつまり予防になります。

Pocket